アクアクララの水の配送

アクアクララの水の配送

よくある水の宅配では、「定期宅配」といって、毎月必ず一定本数のボトルが届く(=購入義務)ことが多いのですが、アクアクララの場合は、毎月の購入ノルマはありません
なので、利用者のニーズにあった利用方法ができます。

 

(但し、一部の販売店・代理店は定期宅配の場合があります)

 

 

多くの宅配水では、配送は一般の宅配便(クロネコや佐川急便など)を利用していますが、アクアクララの場合は独自の配送(代理店)網を持っていて、それで配送されてきます。

 

独自配送網のメリットとしては、最初のウォーターサーバー設置もやってもらえることや、宅配水・サーバー等に関して質問・相談等ができるってことでしょうか?

 

一方、配送日時の指定は通常できないのがデメリットだと思います。

 

配送日も、例えば「この地域は○曜日」などと決まっていたりします。

 

 

こうなると、その日留守にしなければならないときはどうするの?って心配になりますよね。でも、留守中でも所定の場所(例えば玄関先)に空になったボトルを置いておいて連絡しておけば、新しいボトルと交換しておいてくれます。

 

そう聞くと「ボトルを外に出しておいて取られたり何か入れられたりしないかと心配」って思う人もいるかと思います。
私も心配になって代理店に聞いてみました。

 

すると、

 

「ボトルが無くなったからといって、お客様に損害をもってもらうことはありません。無くなった分は再配送します。そもそも、当方の配送区域でそういう盗難・紛失が起こったことは今までに一度もありません。」

 

「ボトルは2本ずつ袋に入れて、封印をしてお届けしますので、誰かが勝手に開けたら分かるようになっています。」

 

とのことでした。ですので、そういった心配はいらないようです。

 

 

配送の依頼は、利用者の地域の販売店・代理店の窓口に電話をすることでも可能ですが、アクアクララの場合、「マイアクア」といってウェブ上の専用ページから配送の依頼をすることもできます。これなら休日でも忘れないで申し込んでおくことができますよね。

 

アクアクララでは水の宅配(配送)は無料です。なので、ボトルあたりの水自体の料金と、ウォーターサーバーのレンタル料だけで宅配水を利用できます。

 

アクアクララの工場は全国各地にありますので、日本中どこでも利用できますし、万一どこかの地域で水の供給が止まった場合でも、水の宅配を継続できる体制になっていますので、緊急時の備蓄水の目的でも使えますね。

 

東日本大震災の時も、水の宅配業者のほとんどは配送が出来なくなったり遅延したりしましたが、アクアクララだけは大丈夫でした。